労働局

この記事を印刷する

2019.07.10
7/10 東京労働局長よりの「ゆう活」要請
    「働き方改革」・「ゆう活」で夏の生活スタイル変革を!
   土田新労働局長が着任あいさつと首記の岡田会長への要請


 7/2 厚労省人事で、東京労働局長が土田浩史局長に交代、土田新局長が 7/10連合東京に着任挨拶のために来訪し、併せて「『働き方改革』および『夏の生活スタイル変革(ゆう活)』に関する要請書」を持参、連合東京が要請を受けた。(写真は、土田局長より岡田会長への要請書手交)

 H27年から明るい時間が長い間は、朝早くから働き始め、夕方以降を家庭と過ごす時間などに充てられるよう、「朝型勤務」や「フレックスタイム制」などの推進により夏の生活スタイルを変革する国民運動を「ゆう活」として展開してきています。「ゆう活」は単なる始業時の前倒しではなく、仕事と生活の調和の実現をめざすものです。
 東京労働局は、働き方改革の一環としてこの「ゆう活」の普及に取り組んでいる。各労使間での試行検討を連合東京からも要請します。 (添付:要請書PDF)
 (労働政策局長:傳田雄二)

「働き方改革」及び「夏の生活スタイル変革(ゆう活)に関する要請書.pdf

ページトップへ戻る