連合東京ニュース

この記事を印刷する

2018.01.19
有期雇用労働者の無期転換ルール
連合東京が用意  中小労組も対応が必修!
 「労働組合向け、準備・最後の無期転換ルール・説明会」
 単組役員のみなさん、制度を完璧に理解、好事例をもとに仲間の不安定雇用の解消を!

 
改正労働契約法は2013年4月1日施行からこの4月で5年を迎えます。ついに、4月1日には、労契法18条の有期労働契約で5年を超えて雇用契約が継続された者が無期転換を申し込むことにより無期労働契約(期間の定めのない労働契約)になります。
 多くの企業は、この施行からの5年間で様々な人事制度検討で転換後の業務や待遇問題などに整備と準備を重ねてきており、正社員化や新たな限定正社員化などを行ってきています。一方で、このルールの適用を前に、雇用期間を最長5年未満限定とするなどの改正趣旨に反するに契約変更や当該労働者を雇止めなども発生しています。 
労働組合は、安心な雇用環境を一緒に働く仲間の皆さんのためにつくることが必要です。また、これを機会に組合員として向かい入れるためにも、スムーズな無期転換と魅力ある労働条件づくりでモチベーションをもって働き続けられる雇用環境が重要です。
  多くの皆様のご参加、準備をお願いします。  法律内容を知る、好事例を聞こう。 日本労働弁護団所属・弁護士(講師)が、皆さんの質問に答えます。 内容は、各回同じ
  第1回学習会
日 時 2018年2月15日(木)18:15〜20:00
 場 所 田町交通ビル5F会議室(芝浦3-2-22 連合東京が入るビル)
第2回学習会               
 日 時 2018年2月23日(金)18:15〜20:00
 場 所 TKP新宿カンファランスセンター 4A会議室 
  西新宿1-14-11 DAIWA西新宿ビル4F (新宿駅西口でも南口でも徒歩3分)
 *申し込みは、添付チラシの参加申し込み書記載で 連合東京へFAX03-5444-0303 へ
 (労働政策局長・傳田雄二)

有期労働契約者の無期転換ルール・最後の準備学習会.docx

ページトップへ戻る