連合東京ニュース

この記事を印刷する

2018.02.19
連合東京じょんのび会第20回総会を開催
連合東京じょんのび会(以下、じょんのび会)の第20回総会が2月9日、連合東京会議室で20名を超える参加者により開催されました。当日は会員の他に、総会の20回を節目として、この間「雪国ボランティア」とともに「じょんのび会」発足から対応いただいてきた新潟県柏崎市高柳町の「荻ノ島ふるさと組合村」春日敏雄さんにも駆けつけていただきました。
冒頭、小池会長から「20回の節目の総会だったので何かイベント的な内容としたかったが準備の関係でできなかったので今後検討していきたい。」と挨拶した。続いて、春日さんからは「じょんのび会とは20年のお付き合いとなった。良い縁をいただいたと感じている。引き続き交流していきたい。」との挨拶をいただいた。この後、活動経過、会計、会計監査報告、2018年度活動案、会計案が提起され承認された。総会終了後のじょんのび会で2歳から各種ツアーに参加してきた小沼勇貴くん(中学3年生)から学校で発表した内容をもとに「なぜ環状集落ができたのか 〜新潟県柏崎市高柳町荻ノ島の里山にふれ探る〜」を発表していただきました。
 じょんのび会は、引き続き新潟県柏崎市との「ふれあい交流協定」(添付写真)に基づき引き続き、高柳町を中心に柏崎市との交流を続けていくこととします。
 今年度の活動計画については、以下の通り。(予定)
 
‥朕△┘張◆次       。儀遑隠稿(土)〜20日(日)<荻ノ島>
蛍鑑賞・草取りツアー    7月 7日(土)〜 8日(日)<荻ノ島>
0雋△蠅伴穫ツアー       9月22日(土)〜23日(日)<荻ノ島>
            または、 9月15日(土)〜16日(日)<荻ノ島>


 

ページトップへ戻る