連合東京ニュース

この記事を印刷する

2018.02.25
連合東京による一般労働者向け「無期転換ルール説明・相談会」の周知のお願い

  一般労働者に「安心の無期転換ルール」の周知をはかろう!
連合東京の説明・相談会のご案内をお願いします。無料:都内4箇所

 
 改正労働契約法第18条施行から5年となり、この4月1日より本格的転換権の申し込みが開始されることとなる。連合東京としては、労働組合の対応をいかに行うべきかを、この3月にも「準備・最後の無期転換学習会」として2回回開催、70名ほどの参加があり直前準備を整えた。一方、これを前にしての雇止めも発生しており、連合東京は、勤労者からの相談とその対応を懸命に行っている。
        (ここが問題、一般労働者がこの法律を知らない!)
 残念なことに当該労働者がこの雇用安定の無期転換ルールの権利をほとんど知らないという状況だ。
  (そこで、連合東京が社会へのアピールとしても・・)
 連合東京の役割として、一般労働者に「安心の無期転換」を知って、雇用不安を解消するものとして頂きたいと法制度の説明・相談会を都内4ケ所で企画した。毎回、日本労働弁護団所属東京支部の弁護士が解説と相談にのる。
 厚生労働省・東京労働局や東京都からの後援も得て、各ハローワーク、労働基準監督署、東京都労働相談情報センターなどに案内チラシを配布・設置した。もとより、説明会に勤労者が殺到するような状況は予想していないものの、連合東京がナショナルセンターの役割として社会的にアピールして実施するもので、一定の参加を得る必要がある。
 各構成組織には、春季生活闘争の最中で多忙とところ、開催まで間もない時期に急な要請となったものの、可能な範囲での協力を要請する。
 〇 加盟組合へのご案内 チラシ、また、チラシPDFなどで「勤労者向け、無期転換説明・学習会」が連合東京主催開催で行われことを組織内外に案内頂きたいこと。 〇  役員の家族・知人などの有期雇用で働く方々に案内チラシをお渡しいただくこと。
 (労働政策局長:傳田雄二)


無期転換ルール・説明・相談会チラシ.pdf

ページトップへ戻る