連合東京ニュース

この記事を印刷する

2018.03.09
3・9 東京都中小企業団体中央会に賃上げなど春闘要請
 中央会にも、「賃上げの中小企業への拡がり、底上げ」を強く要請!

 3.9 午後、銀座・中小企業会館に東京都中小企業団体中央会を訪問、賃上げなど中小企業への拡がりを求める要請を行った。連合東京よりは、杉浦事務局長、内村・吉岡副事務局長、傳田労働政策局長が出席、東京中央会は、穂岐山常勤参事、石田労働課長が対応いただいた。
 杉浦事務局長は、「賃上げの中小企業への拡がり、底上げ」を求めて挨拶、東京中央会からは労働条件改善の他、労働政策にも連合東京として幅博く取り組んでいることに敬意を表しつつ、お互いの立場での取り組み理解を進める挨拶がなされた。
 要請書面手交・内容説明後は懇談。中央会は、今日的な賃上げの必要性は認めながらも産業別に景況感にバラツキがある中、厳しい中小企業の実態があり一律的賃上げは難しいと説明。更に、今、最低賃金額のここ数年の増額でその影響は大きい。そして、大手の働き方改革が中小企業へのしわ寄せを生んでおり、中小にも働き方改革は推進すべき課題だが、難しい状況であることなど意見交換。
 取引の公正さや価格転嫁など中小企業庁も取り組んでいるが、賃上げにも働き方改革にも重要な問題。前向きな大幅賃上げを最後にも要請し、人手不足の中での外国人労働問題から課題のある有期労働者の無期転換への理解を強く求めた。
 (労働政策局長:傳田雄二)

3.09 東京中小企業団体中央会(確定).docx.pdf

ページトップへ戻る