連合東京ニュース

この記事を印刷する

2019.01.25
2019春季生活闘争、賃上げ、働き方改革に街宣開始!
      クラシノソコアゲ応援団、賃上げ隊行動、各地で展開!
     2019春季生活闘争、労使のアピール、議論はじまる!
 23日は、西北地協 24日は連合東京行動 同日、東部地協が域内で街宣

 
2019春季生活闘争、連合東京の闘いの進め方・方針は、1/16執行委員会で確認した。各構成組織でも連合方針に基づく闘争方針が中央委員会などその機関会議で確認されつつある。
 経団連は、15日の経営労働問題特別委員会報告を確認し、22日にその内容を公表した。連合の月例賃金の引き上げへのこだわりに「多様な方法による賃上げや総合的な処遇改善を前向きに検討する流れに逆行」と昨年の見解からはベア・月例改善では後退の姿勢をみせている。23日には連合の見解も報告され、来週28には経団連労使フォーラムも開催され、本格的労使交渉やその主張のマスコミ報道が盛んになる時期を迎えた。
 連合東京は、こうした時期、私たちのアピールを! と賃上げ、長時間労働是正、雇用形態の違いによる不合理な格差是正を求めての春闘アピールを街頭宣伝行動で展開する。

 23日には西北ブロック地協が、24日には連合東京田町役職員が、また、同日は東部地協が同地協内スポット街頭宣伝行動を実施した。29日には連合東京がまた、2月には各地区協議会行動が続く!
 *写真:左 24日田町駅芝浦口 連合東京・賃上げ隊行動
     右 23日池袋東口   西北ブロック地協
(労働政策局長:傳田雄二)

 

ページトップへ戻る