連合東京ニュース

この記事を印刷する

2019.02.21
〜東部・西北・中南ブロック地協合同〜2019春季生活闘争総決起集会・デモ行進
連合東京の東部・西北・中南の3ブロック地協は合同で、2月15日、新宿区立新宿文化センターにて「2019春季生活闘争総決起集会」を開催し、新宿3丁目付近にて「デモ行進」を実施しました。
各ブロック地協の役員・組合員、連合東京役員等の総勢853名が参加しました。
 
集会では、柳川西北ブロック地協事務局長の司会進行にて、渡辺東部ブロック地協議長が主催者挨拶を行い、岡田連合東京会長よりご挨拶と2019春季生活闘争方針のご説明をいただきました。その後、塩田中南ブロック地協議長の提案にて集会宣言案を採択、下山実行委員長よりデモ行進の説明を行った後、梅田西北ブロック地協議長の音頭にて「がんばろう三唱」を行い、元気よくデモ行進に出発しました。
 
デモ行進では、ブロック地協ごとの3梯団を編成し、新宿文化センターから新宿3丁目付近を中心に、明治通りや新宿通りなどの約1.6kmを練り歩き、春季生活闘争、賃上げ、働き方改革の必要性を力強く訴えました。

ページトップへ戻る