連合東京ニュース

この記事を印刷する

2019.03.07
36協定知ってますか? 36(サブロク)の日の行動
  残業するには36協定! 健康守ろう36協定! 代表選んで36協定!
  知って結ぼう36協定! 遵守が大切36協定! 基本が大事よ社長さん!
       
3.6は、「36(さぶろく)の日」

 記念日は、数々ありますが、70年ぶりの労働基準法大改正の施行を前に、連合は、3月6日を「36(さぶろく)の日」として申請、日本記念日協会にり正式に登録された。連合本部は朝の品川行動、11時には神田明神で有名タレントも出場し、若者も多く参加する中で記念行事を行った。
 連合東京は、長時間労働を本格的に是正し、様々な労働者がそれぞれの条件の中、育児、介護やワークライブバランスを保ちつつ持続可能な働き方をするための変革のポイント「36協定」を強くアピール。これまでこの絶対に必要な36協定、適法な締結がなされていない職場も多かっただけに、協定の意味からはじまり、従業員代表選出、制限時間、特別条項はじめ各課題を連合東京街宣隊が説明していく1日、「36 ACTION DAY」が展開された。
 連合東京では、朝は田町駅芝浦口、立川駅、その後は東部地区エリア街宣、夕刻には江東地区協議会、墨田地区協議会役員とともに、錦糸町、亀戸駅頭での街頭宣伝が行われた。
 (36、36と頭に残る1日、労働政策局長:傳田雄二)

 

ページトップへ戻る