連合東京ニュース

この記事を印刷する

2019.04.20
2019春季生活闘争、連合第4回賃上げ回答集計 4/18
 連休前、4月中決着へ更に支援を!
      「賃上げ」の流れは依然として力ずよく維持されている!!

中小労組健闘、第4回集計でも平均賃上げ2%台、この6年の賃上げ春闘で最高率・額だ
 昨年より増額、これを社会全体へ、未組織企業にも大きな影響力で波及させよう!
  集計中の東京都内労組 264組合 平均6,854円 2.18% だ!

 
連合は、4/18 2019春季生活闘争における賃上げ第4回回答集計を行った。前回4/5集計報告から更に756組合が回答を引き出し、3,032組合における平均は6,292円、2.13%となった。前年同期比較で164円前年を上回る回答となっている。
 引き続き、中小労組の検討は光っており、300人未満の企業での平均は、5,110円、2.04%となっており、連合賃上げ春闘を再開してこの6年、第4回回答集計の中では率・額ともに最高の回答となっている。
 4月、連休前決着をめざす多くの中小労組への支援の継続を強く要請し、同時に各産業別労働組合においては、産業内未組織にそれぞれの賃上げ情報を広くアピール、全体のソコアゲをめざした取り組みをも要請する。
 詳細は、連合HP・2019春季生活闘争、第4回回答集計 ☚ をクリックしてご覧ください。
 (労働政策局長:傳田雄二)

ページトップへ戻る