連合東京ニュース

この記事を印刷する

2019.05.07
第90回中央メーデー、連合東京VSCは防災クイズを出店!

 10連休と言う大型連休のスタートである、4月27日(土)に「第90回メーデー中央大会」が代々木公園で開催されました。
 今年は第90回という記念するメーデーとなっただけでなく、平成最後のメーデーとなりました。
 連合東京ボランティアサポートセンターは、恒例となった防災クイズのブースを、いつもと違うエリアで出店しました。
 今回の防災クイズは、表が子供用・裏が大人用と工夫して作成しました。手順については、ブースを訪れた方々に問題用紙をお渡しして、回答を受けた後、それぞれに解答を示しながら、解説を行って、景品をお渡ししました。混雑する中、解説書を渡すだけなら回転率は上がりますが、一緒に確認していただく事が重要ですので、きちんと丁寧に解説を行っていきます。
 景品は、毎年、被災地の特産物を選んでお渡ししています。過去は「福島県の桃ジュース」や、「熊本県のくまもんふりかけ」でしたが、今年は西日本豪雨災害で被災した後、現地に赴きボランティア活動を行った「愛媛県のみかんジュース」を300本準備しました。
 私たちVSCメンバーは、みかんをモチーフにしたお手製の帽子をかぶって、大声を出しながら呼び込みをした結果、10時30分の開始から2時間程度で景品が無くなるほどの大盛況でした。

 私たちの活動は、被災があった時に被災地支援をするだけでなく、日頃から地域との関わりを持って減災の活動を進めることが重要です。
 防災クイズにご参加いただいた皆さんが、あらためて防災に関しての意識を高めていただく事の一助となれば、我々の活動に大きな意味があると考えます。
 なお、10連休スタートであるにもかかわらず、お手伝いいただいた皆さんには深く感謝申し上げます。


ページトップへ戻る