連合東京ニュース

この記事を印刷する

2019.06.28
連合2019平和行動in沖縄参加〜夢と希望が持てる社会の実現へ〜
 6月23日(日)〜24日(月)の2日間、「連合2019平和行動in沖縄」が開催され、連合東京からは19名が参加しました。
 6月23日は、1974年に制定された沖縄県の条例により、戦争による惨禍が再び起こることのないよう、人類普遍の願いである恒久平和を希求するとともに、戦没者の霊を慰めるために、「慰霊の日」と定められています。
 23日の集会では、沖縄県知事公室基地対策課・調査班長の島袋秀樹氏よる「他国地位協定調査について」の基調講演に続き、第2部の平和式典では、相原連合事務局長の挨拶をはじめ、大城連合沖縄会長、沖縄県副知事、沖縄選出の国会議員等より挨拶がありました。ピースリレーでは、平和行動の次の開催地である広島に平和の旗が手渡されました。集会の最後には、宮城連合沖縄女性委員より「在日米軍基地の整理・縮小」と「日米地位協定の抜本的見直し」求めるとともに世界の恒久平和の実現に向けた「平和アピール」があり、今後も粘り強く運動を推進していくことを誓い合いました。
 24日は、連合沖縄青年委員会のメンバーが中心となりピースガイドを務める「ピースフィールドワーク」が開催され、連合東京の参加者は、名護市瀬嵩の浜(辺野古キャンプシュワブ)、道の駅かでな(嘉手納基地)、チビチリガマ、嘉数高台(普天間基地)を見学しました。基地の周りには、住宅や学校があり、多くの方がそこで生活をしています。しかし、航空機墜落や部品落下、航空機騒音など、事故やトラブルが起きています。引き続き「在日米軍基地の整理・縮小」に向けて取り組むとともに、「夢と希望が持てる社会の実現に向けて」平和の大切さを伝えていくことを参加者全員で確認しました。

ページトップへ戻る