連合東京ニュース

この記事を印刷する

2019.12.26
台風19号災害いわき市支援ボランティア活動第5陣実施

 9月7日(土)〜9日(月)、10月12日(土)にかけてそれぞれ関東地方へと上陸した台風15号・19号は、中日本・東日本への広範囲にわたって、記録的な大雨を降らせ、甚大な被害をもたらせました。
 連合東京は、11月15日から「台風19号災害」被災地いわき市への支援ボランティア活動を実施し、今回、第5陣として(12月20日(金)〜21日(土))構成組織、ボランティアサポートセンターから35名の仲間が集まりボランティア活動を行いました。
 活動当日の21日は、第4陣と同様に参加者35名が同じ場所で活動することとなりました。割り当てられた活動は、被災されたお宅が所有する畑を中心として、混入した砂利や流木等の片づけ中心作業を進め、さらには側溝の泥かきを行い、詰めた土のう袋を集積場所に運搬する作業でした。
 活動途中、今回お伺いしたお宅のご夫婦が、「2人で長期間かけて、片づけ作業をすることを覚悟していたが、皆さんが来てくれたおかげで、片付け作業が終わり本当に助かった」と、感謝いただきました。
 現在も、被災地では、復旧・復興に向けたボランティア活動が実施されています。しかし、未だにその影響から回復できていない地域が多くありますが、これまで参加していただいた皆さんの温かい気持ちが、いわき市の復興に向けた一歩として「勇気と希望」に繋がる活動になったと思います。
 年内の活動は、この第5陣をもって終了となりますが、「いわき市」は長期間での支援が求められている地域であることから、来年1月からは、東京都災害ボランティアセンターでの日帰りプランを実施します。引き続きのご協力を宜しくお願いします。
 
東京都災害ボランティアセンター「台風19号災害」被災地(いわき市)支援ボランティア

<日 程>
   1月07日(火)、1月10日(金)
   1月14日(火)、1月17日(金)
   1月21日(火)、1月24日(金)

 


ページトップへ戻る