東部ブロック地協
2019.10.07
労働者自主福祉運動推進会議共同セミナー〜マンションの防災対策について〜学ぶ

 10月7日(月)、労働者自主福祉運動推進会議は第1回会議とその後、共同セミナーを開催しました。講師は2015年にもお越しいただき、講義を受けた危機管理研究所の代表で危機管理アドバイザー、国崎信江氏を招き「マンションの防災対策について〜備えと発災時・被災後の対応〜」について講義を受けました。  国崎さん曰く「地震が起きても自宅で暮らせる備えをしてください!3日間の備蓄では話になりません。最低限10日間の備蓄をしてください。そして時間のあるときに、自宅で被災者の疑似体験是非してみてください。ガス・水道・電気を止めてする被災者生活の疑似体験は、節約にもなり、その体験から被災時に必要なものは何か得...

 

>>続きを読む

西北ブロック地協
2019.10.08
労金・全労済次世代リーダー育成職場見学会を開催!

 10月4日(金)、連合西北ブロック地協「労金・全労済推進協力会議」による、次世代リーダー育成職場見学会を開催しました。  西北管内の中央労金7支店及び、こくみん共済COOP西北部支所の若手職員を対象に、推進協力会議事務局を合わせ全体で24名の参加で行いました。  3年目となる今年は、池袋にある豊島清掃工場を見学し、当該労組における労金・全労済の取り組みについて意見交換を行いました。  まず、東京清掃労組豊島工場支部の武藤支部長より、工場の概要説明があり、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の重要性などを学んだ後に、実際に工場見学をスタート。ゴミが搬入され、焼却されるまでの一連の...

 

>>続きを読む

中南ブロック地協
2019.09.30
連合中央地区協・労働基準月間街頭宣伝&核廃絶1000万人署名

   連合中央地区協は、9月30日、勝どき駅前にて労働基準月間街宣行動と核廃絶1000万人署名活動を行ないました。  鈴木議長、中南ブロック地協小林事務局長、連合東京傅田労働政策局長、松尾立憲民主党総支部長、渡部区議の弁士で、今年4月に施行された働き方改革関連法の改正内容の徹底、また最低賃金が10月1日から1、013円になることを訴えました。併せて核廃絶1000万人の署名活動をお願いしました。  地区協役員、組合員、連合中南など総勢27名が、駅前を行き交う方々にチラシ入りティッシュを配布しました。  連合中央地区協は引き続き、働く者が「生きがい」や「働きがい」を感じて働くことができる社...

 

>>続きを読む

三多摩ブロック地協
2019.10.08
10/5(土)連合東京の森保全活動実施@人里(へんぼり)地区

 10月5日に連合三多摩ブロック地協主催で、「連合東京の森保全活動@人里(へんぼり)地区」を実施しました。(参加者:33名) まず初めに、主催者を代表して長崎連合三多摩ブロック地協議長より「土曜日にも関わらず、みなさまご参加頂きありがとうございます。森の保全活動ですが、最後までケガをしないよう気をつけましょう。」と挨拶を頂きました。続いて連合東京より大澤国民運動局長から「日頃より連合東京の森の保全活動にご協力頂きありがとうございます。」とご挨拶を頂きました。  続いて、檜原村で林業をしています大久保 氏(大谷 氏の代理)より、下草刈りの手順とカマの使用方法について説明頂きました。 ...

 

>>続きを読む

ページトップへ戻る